ゼンマイのケア・メンテ方法

ロレックス(ROLEX)など高級時計と向きあうとき、忘れてならないのはケア・メンテの意識です。ロレックス(ROLEX)が、ずっと高貴な時を刻み続けてくれるために、決して私達が忘れてはならないことです。

ゼンマイはまさにロレックスを動かすための要の部分です。ロレックスの高級時計の所有者は、正しい巻き方をマスターしていることも大事な条件と言えそうです。

【ロレックス(ROLEX)のゼンマイの巻き上げ方】

ロレックス(ROLEX)の時計だから、頑丈に作られているのは当たり前のことなので、強く巻きあげて問題なしという考えは間違いです。

使う人たちが乱暴に扱ってしまえば結構簡単に壊れてしまうでしょう。 リュウズとは、 時計左側に付いているボタンのような形をしている場所のことを言います。針を動かすことができ、時間を調節します。リュウズでは、ゼンマイの巻き上げと、時刻や日付けの調整をします。

リュウズを回し、およそ20~40回ほど巻き上げれば、 それ以上巻き上げ出来ないことがわかる段階があります。それ以上力一杯巻くことには、相当リスクがあります。

自動巻きの時計の場合は、ヒトが動くことで、ローターが回転して巻き上げられることになります。ですから、 巻き上げすぎるのを防止する装置が搭載されているのですが、とにかくやりすぎは、どう精巧に作られている時計だとしても壊れる原因なので注意するようにしてください。

【一日何度も巻く必要はない】

一日何度も、手巻きをしている人って結構多いようです。無意識でクセになって手巻きを繰り返す人たちもいます。そのようなクセがあれば、時計は止まらないでいいかもしれませんが、やはりゼンマイは悲鳴をあげてしまっているでしょう。

ゼンマイは、日々重いストレスがかかってしまい、切れてしまうことがあります。ロレックスの腕時計でも、手巻きは1日1回という意識を持って、毎朝1回だけというルールを作って向きあいたいものです。

方法は、リュウズを指先でつまみ、反時計回りで巻いて、リュウズを解放させてあげてください。この方法によって、ゼンマイの切れるのを防止してくれます。

その後今度は「時計回り」にまきあげをして行きます。愛情をこめて、ゆっくり巻き上げるようにしてください。

巻き上げをしたあと、リュウズを閉め忘れてしまうケースも結構あるかもしれません。それもロレックスの時計が故障する原因の一つです。 ねじ込みが甘い状態で普段使用してしまうことで、簡単に水が内部に浸透してしまうことがあります。

【日付けや時刻の調整方法の注意】

次に、日付けや時刻の調整方法についてです。 みなさんはなかなかこのような点に気付いていないでしょうけど、午後8時頃から深夜2時にかけては、 日付表示は翌日へとゆっくり動きを見せています。そのような時間帯に、時刻合わせや日付調整をおこなってしまうとムーブメントに負荷がかかり、相当故障リスクが高いです。

「デイトジャスト」でも午後11時から深夜0時あたりは調整を行わない方がよいでしょう。日付が切り替わる少し手前からギアが動き出して、ギアに対して負担をかけることになります。更に時刻を合わせる際は必ず時計回りに動かしましょう。