サブマリーナもケアは必要

ロレックスのダイバーズウォッチはタフだからメンテは不必要という考えも間違いです。ロレックスのダイバーズウォッチの代表格といえば、サブマリーナです。まさに腕時計にとって天敵は、水だったのですが、 1926年、ロレックスがオイスターケースの特許を取得して、 防水性能がある時計を作る取り組みをしたことによって俄然注目度をアップさせることになります。

【サブマリーナの特徴】

サブマリーナが、まさに世界にロレックスの腕時計を知らしめたと言ってもいいでしょう。ロレックスのサブマリーナも進化し、シードゥエラーへと繋がっていくことになります。ロレックスのダイバーズウォッチの防水性は、エクスプローラーは100mなのに対して、 サブマリーナ・サブマリーナデイトは300m、シードゥエラー4000は 1220m、ディープシーは3900mあたりの数値です。

【サブマリーナの注意事項】

ロレックスのサブマリーナは、ダイバーズウオッチとしての認識が高いので、水や汗に強くアウトドアや海でも存分に使いこなせるイメージがあります。しかし、私達は精密機械はデリケートな存在である認識はいつも持ち続けている必要があります。

300メートルの値で非常に防水性があるということは凄いことなのですが、メンテ・清掃という意識を持つのはどの時計でも一緒です。

ロレックスのサブマリーナの場合、特別、頑丈という思われ方をして、雑な使い方をして壊してしまうケースが目立っています。高価なロレックスの腕時計だから、掃除して大事に扱う意識がなおさら大事になって来るのではないでしょうか。

ダイバーズウオッチで注意しなければならないのは、海で使った後のメンテナンスです。そのままの状態で放置しておけば、ロレックスの腕時計と言えども長持ちさせることは出来ません。

実際に誰でも、海で使用したりすれば、塩分、砂、雑菌などが付着してしまうことになります。海の中に入らないでも、潮風やそれに舞い上げられた微少な砂によってサブマリーナは、相当な被害を受けてしまうことになります。

軽く拭いて落としたような気持ちになっている人たちもいますが、そんな簡単には落ちない汚れだったりします。 肉眼では確認しづらく、汚れをそのままの状態にしてしまっているケースも結構多いようです。

【ロレックスのサブマリーナのメンテ】

ロレックスのサブマリーナに対して、このようなメンテの方法を行うようにしてください。まずは、水を入れた器にサブマリーナを浸します。まず全体の汚れをそっと手で取り除いていくようにしましょう。

次にブラシを使って、ベゼル、ブレスなど部分を細部にわたり丁寧に清掃して行きます。

清掃が完了したら、クロスで水気を取り除いて、風通しのいい場所で乾燥させましょう。

ロレックスのサブマリーナでも、よく起こる故障は、リュウズの締め忘れによる起こる水入りトラブルです。特別防水性の高いロレックスの腕時計だから、締め忘れによる水入りトラブルも問題なしという考えは間違いです。