風防/エンドピースのケア・メンテ方法

時間を見たり、見た目いつも綺麗な状態を維持するために、 「風防」はいつも掃除の意識と向きあっていたいパーツと言えます。

【風防のお手入れ】

風防は、専用クロスなど使用して、面を軽く拭いて、仕上げには、円を描くようにすることで磨き跡が残らなくなります。 風防の表面はコーティングがされているので、 汗や皮脂と言ったものは、 専用のクロスで、軽く拭き取ることができます。

内部に水気が浸入してしまうことにも注意をして、乾拭きするように心掛けるようにしてください。ホコリやゴミがクロスに紛れていると、傷がついてしまうことがありますので注意してください。

このとき、風防の内側に曇りや水滴が入っていないかもチェックするようにしておくといいでしょう。ロレックスの腕時計に水滴はまさに天敵と言っていいでしょう。完全故障に繋がってしまう前に、すぐに修理してもらうようお店に直行してください。

【エンドピース】

エンドピースとは、ケースとブレスを接続するパーツのことを言います。いつも腕と接触しているという意味では、とても汚れやすい場所なので意識してクロスで拭くようにしてください。ゴミは、外へ掃き出す感じです。

【ブレスレット】

ブレスレットのケアも当然しなければならないでしょう。構造が精密になっているので、結構、ここあたりは、 コマの間やバックルなどに汚れを溜め込んでしまいやすいです。

【ラグ】

ケースにブレスレットをつなげるための接合部分のことを言います。ラグの裏側は、いつも肌に接する部分など、汚れやすい場所なので常に綺麗にする意識が大事です。

【リュウズと回転ベゼル】

リュウズと回転ベゼルはロレックスの腕時計の中でも故障が起こりやすい場所です。原因は、みなさんが清掃にそれほど向きあっていないからとも言われています。

もちろんロレックスの腕時計を持てば、私達がしなければならないのは、定期的に掃除をすることです。 ケースとの隙間に溜まった砂やほこりなどの異物を取り除く意識を持つことで、随分故障の率を回避することができるでしょう。

ロレックスの腕時計だからタフということでもないのです。精巧な腕時計だからこそ、ハードな環境に弱いと言ってもいいでしょう。長くロレックスの腕時計の時計を綺麗なまま保管しておきたいというのなら、メンテの意識はとても大事です。

ベゼルが回転しなくなることもあるので、 海やアウトドアで使用した後は、砂・小石が入り込んでしまっている可能性も充分考えることができますので、念入りに掃除するように向きあってください。

【ケースとの隙間のゴミ】

ロレックスの腕時計で、特に目立たない場所を意識して掃除をしないと、小さなゴミは累積して行ってしまうことになります。そのまま放置しているから、ロレックスの腕時計がいつの間にか動作不良を起こしてしまうことになります。

既にお話しはしていますが、歯ブラシと爪楊枝などアイテムを使用して、定期的掃除の意識を持ち、トラブル解消につとめてください。